はじめまして

ヒューマンハピネス代表の上谷実礼です。

皆さんは産業医ってご存知ですか?

最近は「今年から会社でストレスチェックが義務化される」という話題で「産業医」という言葉が新聞やTVで取り上げられることが増えていますので初めてニュースで聞いた、という方もいらっしゃるかもしれません。

 多くの方は「医師」というと病院や診療所で診察や治療などの診療業務に当たる「臨床医」をイメージされると思います。

一方で私たちのような「産業医」は医師ですが、活動の場は病院や診療所ではなく会社であり、患者さんではなく働く方がケアの対象です。会社といっても、オフィス職場だけでなく製造業や小売業、運送業などの現場も含みますので、活動の範囲は多岐に渡ります。

産業医の職務内容は労働安全衛生法や労働安全衛生規則などの法律で規定されていますが、実際には企業毎に置かれている状況や労働衛生関連の課題は異なりますので、ヒューマンハピネスでは詳細なヒアリングを基に法律の枠にとらわれない各企業のニーズに合った産業保健コンサルティングサービスを提供させて頂いております。

ここ数年はメンタルヘルス対応が注目を集めており、ヒューマンハピネスの得意分野でもありますが、メンタルヘルス対応だけでなく衛生委員会の活性化や労災防止、社員の研修にも力を入れており、少しずつですが成果も見え始めています。

 このコラムでは各種労働安全衛生関連の法律や制度、業界のトピックスなどの情報に加えて、ヒューマンハピネスの取り組みや日常業務の中での気付きなどについてお届けする予定です。

お楽しみに!