産業医に期待することは?

ヒューマンハピネス代表の上谷実礼です。

先日の千葉産業保健総合支援センターでのワークショップの際に頂いた質問で「産業保健って何だか分からなくなりました」とありました。テーマが「アドラー心理学に基づいたより良い人間関係構築のためのワークショップ」であったので、直接の産業保健活動とどう関係するのかイメージしづらかったのかもしれません。

普段は私もわりと硬派な産業保健活動をしていますし、「産業保健とは」「産業保健活動とは」「三管理、五管理とは」…
などなど、大学院の講義でもお伝えしていますが、それらの一般的な事項については、他でもたくさんの説明がありますので、ここでは詳細な説明は割愛します。千葉産業保健総合支援センターでも、産業保健活動の基礎的内容についての研修がいくつもあります。

「産業医」という存在についても、人事労務担当者や自分自身が私傷病休業で産業医と関わったことがある方以外には身近ではないかもしれませんし、「何をしてくれる人?」という感じかもしれませんね。

労働安全衛生規則には産業医の職務として


①健康診断及び面接指導等の実施ならびにこれらの結果に基づく労働者の健康を保持するための措置に関すること

②作業環境の維持管理に関すること

③作業の管理に関すること

④労働者の健康管理に関すること

⑤健康教育、健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置に関すること

⑥労働衛生教育に関すること

⑦労働者の健康障害の原因の調査及び再発防止のための措置に関すること

※少なくとも毎月1回作業場を巡視し、作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに、労働者の健康障害を防止するため必要な措置を講じなければならない。


とありますね。(改めて見ると、法律の文言ってまどろっこしいですね…)

もっとかみ砕いて言うと、

「会社で働く皆さんの健康を心と身体の両面から支え、社内の環境調整や体制づくりも行う身近なお医者さん」

ということになるでしょうか。

そもそも「産業医」の前身は「工場医」と呼ばれていたように、製造業や鉄鋼業などの現場で働く方の健康管理や労災防止がメインの活動である時代が長かったのですが、産業構造の変化とともに産業医に期待される活動も変化してきています。産業保健活動に占める健康管理や労災防止活動の重要性がなくなった訳ではないので、メンタルヘルス対策を筆頭に産業医が必要とされる業務が増えたとも言えます。

最近の動きとして、産業保健の分野でもさらに専門性が高まりそうです。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201506/542593.html

 

長くなりますので続きは次回にしますが、次回は冒頭のワークショップでの質問への回答や私が普段の活動で大切にしている思いなどを書きますね。