企業理念

はたらく人の、こころが元気になる。
はたらく人の、モチベーションがあがる。
はたらく人が、もっと前向きになる。
はたらく人が、毎日イキイキと働ける、
ヒューマンハピネスは、 企業ではたらく人の幸せづくりのお手伝いをします。

 

社会で、会社で、はたらく目的は単に生活のためにお金を稼ぐ、ということだけにとどまりません。
人は、自分の居場所があると感じられ、共同体のために貢献できていると実感できたとき幸せを感じます。
すなわち、「はたらく」 ということは幸せを感じるための手段でもあります。
そして会社は、はたらく人々の集合体です。
そこではたらく人々が幸せを実感している会社は、社会のために存在価値があり、社会に貢献できているとも言えます。
ビジネスの環境がグローバル化し、終身雇用、年功序列といった日本独特の企業慣習に変化が見られ始めてからずいぶん経ちます。
その結果、成果主義的な評価制度、慢性化する長時間労働、メンタルヘルス不調による休職者の増加などの問題も生まれています。
昭和の時代よりビジネスのスピードは早くなり、余裕がなくなった現場では人材育成力が低下している印象も受けます。
それでも、会社組織自体は変化し、成長を続けています。
このような環境の中で、はたらく人、一人ひとりが、
自ら主体的に幸せになる努力をしなければ幸せを感じることはできなくなってきました。
私たちヒューマンハピネスが考える「幸せ」とは、『自分の居場所があると感じられて、共同体のために貢献できること』です。
「仕事をする」ということは一番分かりやすく言うと、「幸せ」を実感できるための手段だと考えます。
はたらく人々の幸せづくりのお手伝いをする、それが、私たちヒューマンハピネスのミッションです。
はたらく人のモチベーションを高め、
企業のハピネスをはぐくむ
philosophy_illust