企業理念

ここには自分の居場所があるな、と感じられること。
周りの人は仲間だな、と感じられること。
自分は自分のままでいいのだ、と感じられること。
今のままの自分が好きだと感じられること。

ヒューマンハピネスは、はたらく人がしあわせを感じられる職場づくりのお手伝いをします。

 

私たち、人間にとってのしあわせってどんな形でしょうか?

創業時に「ヒューマンハピネス」という社名をつけたときから、「しあわせ」について模索してきました。
平成から令和へと時代がうつり変わった今、しあわせについてこんな風に考えます。

ここには自分の居場所があるな、と感じられること。
周りの人は仲間だな、と感じられること。
自分は仲間のために役に立つことができるな、と感じられること。
自分は自分のままでいいのだ、と感じられること。
リラックスして自分自身でいられること。
自分なりの感じ方、考え方を持っていていいのだ、と感じられること。
ダメなところや情けないところがある自分でも受け入れてOKを出せること。
今のままの自分が好きだと感じられること。

ヒューマンハピネスは企業ではたらく人々がこんな風に感じられるように、はたらく人たちと企業に寄り添います。

会社ではたらく人たちが自分の居場所があると感じられ、リラックスして自分らしさを発揮できる「心理的安全性」を感じられるかどうか。

ひとりひとりのはたらく人が自分は自分のままでいいのだ、と感じられるように、ダメなところや情けないところがある自分でも受け入れてOKを出す、すなわち「自己受容」できているかどうか。

ますます不確実性と複雑性を増すこれからの時代に、組織と個人にとって大切になってくるでしょう。

そして、心理的安全性を感じられる環境で、はたらく人みんなが自分にOKを出し、自分らしく能力を発揮できるようになれば、組織としてのパフォーマンスが上がり、イノベーションも起こりやすくなります。

組織に対しては、こころの学びを通して、そこではたらく人たちが「心理的安全性」を感じられるような組織づくりをサポートします。

ひとりひとりのはたらく人に対しては、こころの学びを通して、「自己受容」できるようにサポートします。

これが、ヒューマンハピネスのミッションです。

はたらく人のモチベーションを高め、
企業のハピネスをはぐくむ
philosophy_illust